足場職人の仕事って儲かるの?お答えします!

query_builder 2023/04/07
ブログ
Photo_22-10-19-14-26-52.982

足場職人とは、建築現場で建物や構造物の外壁などに一時的に架設される足場を構築する職人のことです。建設業界では欠かせない存在であり、その需要は年々増加しています。しかし、足場職人の収入については一般的にはあまり知られていません。本記事では、足場職人がどの程度の収入を得られるのか、その儲かる可能性について考えていきます。

まず、足場職人の収入についてですが、一般的には時給制が多いようです。建設業界の最低賃金は地域によって異なりますが、約1,000円〜1,200円程度とされています。しかし、これはあくまで最低賃金であり、実際には経験や技術によって時給が上がることがあります。また、業務内容によっては手当や特別加算がつく場合もあります。

さらに、足場職人の収入は現場によっても異なります。大規模な建設現場であれば、作業時間も長くなりますし、作業場所も広く、足場の構築に必要な材料や人員も多くなるため、収入も相応に高くなります。逆に、小規模な現場や単発の仕事であれば、収入は少なくなります。

しかし、足場職人の収入にはデメリットもあります。建設業界は季節労働が多く、特に冬場は現場が少なくなり、収入も減る傾向にあります。また、肉体労働であるため、年齢や体力によっては収入が減ってしまう可能性もあります。

そこで、足場職人が儲かるためには、スキルアップや経験を積んで、技術力を高めることが必要不可欠です。例えば、足場を組むだけでなく、解体や改修などの業務にも対応できるようになると、より高い収入を得ることができます。また、足場職人の育成や教育に携わることもでき、指導者としてのスキルを磨くことで収入アップにつながるまた、足場職人は単独で仕事を行うことができることが多いため、独立して足場職人として活躍することも可能です。独立すれば、自分で仕事を取りに行くことができ、自分のスケジュールや価格設定も自由に決めることができます。ただし、独立して働く場合は、自己責任であるため、失敗した場合のリスクも大きくなります。

さらに、建設業界が活況を呈している現在、足場職人の需要は高まっています。特に、東京オリンピックや大阪万博の開催に伴い、大型イベントの施設建設が進められているため、足場職人の需要は増加傾向にあります。また、国土交通省によるインフラ整備や公共工事なども進められており、足場職人の需要は今後も継続的に存在するでしょう。

一方で、足場職人にはリスクもあります。足場は、建築現場での作業中に転落事故が起こりやすい危険な場所です。足場職人は、高所での作業が日常茶飯事であるため、安全管理や防護具の着用など、十分な対策を講じる必要があります。また、長時間の肉体労働であるため、体力的な負担も大きいと言えます。

以上のように、足場職人の収入にはいくつかの要素がありますが、一般的には中間的な収入水準と言えます。収入アップのためには、スキルアップや経験を積んで技術力を高めることが必要です。また、独立して働くことも可能であり、自分で仕事を取りに行くことができます。ただし、足場職人の仕事にはリスクもあり、安全に十分注意しなければなりません。建設業界が活況を呈している現在、足場職人の需要は高まっています。今後も、建設業界が成長し続けることが予想されるため、足場職人の将来性は十分にあります。

NEW

  • 足場、鳶へ転職の道を歩む前に考えるべきこと

    query_builder 2023/06/09
  • 足場の人手不足について

    query_builder 2023/06/08
  • 埼玉県の足場、鳶職:正社員としての魅力と高収入

    query_builder 2023/06/02
  • 志木市やふじみ野市で足場や鳶のお仕事をお探しの方へ

    query_builder 2023/05/30
  • 建築現場の舞台となる鳶の存在

    query_builder 2023/05/29

CATEGORY

ARCHIVE