足場工事が高収入な理由とは?解説します!

query_builder 2023/04/03
ブログ

足場工事は、建物の外壁や屋根など高所での作業を行う際に必要な設備であり、安全性を確保するために欠かせないものです。足場工事は、建築業界での需要が非常に高く、技術力が必要なため、高収入を得られる職業の1つとして注目されています。今回は、足場工事が高収入な理由について、詳しく解説していきます。

1.危険性が高いため
足場工事は、高所での作業が必要なため、危険性が高い職業の1つです。作業中に転落や事故が起こる可能性があり、それに対するリスクを適切に評価し、安全に作業を行うために、技術力が必要です。また、足場の組み立てや解体など、専門的な知識と技術が必要となるため、高いスキルを持った専門家が必要とされます。このような理由から、足場工事の危険性が高いことが、高収入につながっているといえます。

2.スキルが求められるため
足場工事は、建物の外壁や屋根など高所での作業を行うため、高い技術力が求められます。足場を組み立てる際には、建物の構造や荷重、風圧などを考慮しなければなりません。また、足場の安全性を確保するためには、様々な種類の足場や設備の知識が必要です。これらのスキルを持っている人材が求められるため、高い収入が支払われるようになっています。

3.需要が多いため
足場工事は、建築現場で必要なものであり、建物の修繕や改修工事が行われるたびに必要とされます。また、建築業界は、年々需要が増加しており、その中で足場工事の需要も高まっています。そのため、需要が多く、人材不足に陥っている状況が続いており、結果として、高収入が支払われるようになっています。

4.仕事の内容が多岐にわたるため
足場工事は、建物の外壁や屋根など高所での作業が必要となるため、一つの建物だけでなく、さまざまな建物での作業が発生します。また、足場工事には、組み立てや解体、点検、修繕などの様々な作業があります。これらの多岐にわたる仕事内容により、足場工事の専門家が幅広い分野で活躍することができます。仕事の幅広さが、高収入につながる要因となっています。

5.資格が必要であるため
足場工事を行うには、特別な資格が必要です。足場の設置・解体技能者や足場監督技術者など、資格によって異なる役割があります。資格取得には、一定の年数の実務経験や技能試験が必要であり、資格を持っている人材には高い評価が与えられます。このように、資格が必要であるため、資格を持っている人材には高収入が支払われるようになっています。

6.現場経験が重要であるため
足場工事においては、現場経験が非常に重要となります。足場の組み立てや解体など、現場での作業には、現場での経験が必要となります。また、現場での問題解決や、安全対策なども、現場経験が必要となるため、経験豊富な人材には高い評価が与えられるようになっています。

以上のように、足場工事が高収入な理由は、危険性が高く、スキルが求められ、需要が多く、仕事の内容が多岐にわたり、資格や現場経験が必要であるためといえます。建築業界において、足場工事の専門家が重要な役割を果たしていることが分かります。ただし、足場工事においては、安全性が非常に重要となります。適切な安全対策を行い、事故やトラブルを防止することが求められます。足場工事の高収入には多くの理由があると述べましたが、具体的な収入水準はどの程度なのでしょうか?ここでは、足場工事に関連する職種や給与について、詳しく見ていきましょう。

足場工事に関連する職種と給与

足場工事に関連する職種は大きく分けて、足場の設置・解体技能者、足場監督技術者、足場整備点検員、足場検査員などが挙げられます。それぞれの職種で、どの程度の給与が支払われるのか、見ていきましょう。

1.足場の設置・解体技能者
足場の設置・解体技能者は、足場の組み立てや解体を行うための技能を持った人材です。この職種の給与は、一般的には月給25万円前後からスタートし、経験年数やスキルによっては、40万円以上の高収入を得ることも可能です。

2.足場監督技術者
足場監督技術者は、足場工事の監督業務を行うための資格を持った人材です。この職種の給与は、一般的には月給30万円前後からスタートし、経験年数やスキルによっては、50万円以上の高収入を得ることも可能です。

3.足場整備点検員
足場整備点検員は、足場の点検や修繕を行うための技能を持った人材です。この職種の給与は、一般的には月給25万円前後からスタートし、経験年数やスキルによっては、40万円以上の高収入を得ることも可能です。

4.足場検査員
足場検査員は、足場の安全性を確認するための資格を持った人材です。この職種の給与は、一般的には月給25万円前後からスタートし、経験年数やスキルによっては、40万円以上の高収入を得ることも可能です。

以上のように、足場工事に関連する職種によって、給与水準には差がありますが、一般的に高収入であることがわかりました。

また、足場工事の現場によっても給与水準には差があります。例えば、建設現場や大型工場などでの足場工事は、比較的高収入である傾向があります。一方で、小規模な工事現場や住宅のリフォーム現場では、給与水準が低い傾向があります。

さらに、地域によっても給与水準には差があります。都市部や人口の多い地域では、需要が高まり、高収入である傾向があります。一方、地方や人口の少ない地域では、需要が低く、給与水準が低い傾向があります。

足場工事の高収入に対するリスクや課題

足場工事は、高収入を得られる一方で、リスクや課題もあることは事実です。具体的には、以下のようなものが挙げられます。

建設現場などでの危険性
足場工事は、建設現場などでの作業が主なため、高所作業や重機の作業など危険性の高い現場での作業が必要です。事故や怪我などのリスクがあるため、作業員は安全に十分配慮した作業が求められます。

求人数の少なさ
足場工事は、資格が必要であることや危険性の高い作業が必要なため、求人数が少ないという課題があります。また、一部の大手建設会社では自社で足場工事を行っているため、外部からの求人が制限されることもあります。

現場の不定期性
足場工事は、建設現場やリフォーム現場などの需要に合わせての作業が主であるため、現場ごとに作業期間が異なり、不定期な作業となることが多いです。そのため、収入が不安定になる可能性があるため、収入の管理が重要となります。

まとめ

足場工事は、高収入を得られる魅力的な職業であることがわかりました。足場の設置・解体技能者や足場監督技術者など、各職種にはそれぞれの特徴や資格があり、給与水準に差があることが分かりました。また、建設現場や大型工場などでの足場工事は、比較的高収入である傾向がある一方、小規模な工事現場や住宅のリフォーム現場では、給与水準が低い傾向があります。

足場工事は高収入である反面、危険性や求人数の少なさ、現場の不定期性などのリスクや課題もあることが分かりました。足場工事に従事する場合は、安全面や収入管理、スキルアップなどに十分配慮する必要があります。

最近では、建設現場やリフォーム現場の需要の増加に伴い、足場工事の需要も高まっています。また、建設技能者不足という社会問題があり、足場工事を含む建設現場での仕事は今後も需要が継続することが予想されます。

以上のように、足場工事は高収入である一方、リスクや課題もある職業であることが分かりました。足場工事に従事する場合は、自己管理や安全意識、スキルアップなどに積極的に取り組み、高収入を得ながら安全に仕事を続けることが大切です。

NEW

  • 高所作業の安全を支える「跳ね出し足場」の重要性と活用方法

    query_builder 2024/04/26
  • ふじみ野市にある足場組立は【株式会社小原組】

    query_builder 2024/04/16
  • 大田区での足場組立作業のステップバイステップガイド

    query_builder 2024/04/12
  • 横田基地の足場解体プロジェクト:歴史の一歩を刻む

    query_builder 2024/04/02
  • 【ベランダブラケットと足場:安全と機能性の融合】

    query_builder 2024/03/04

CATEGORY

ARCHIVE